八重桜街道

//八重桜街道

八重桜街道

当地では言わずと知れた桜の名所、八重桜街道です。
全長2kmに渡って200本もの八重桜の花道ができています。
早く咲くソメイヨシノは大きくて遠くから見るのに適していますが、こちらは花のすぐ近くで花弁の一枚一枚まで楽しめる桜です。

天気が良い週末は桜の下で写真を撮ったり、お弁当を食べたり、見物人で賑わっています。
GWも県外から遊びに来た家族連れで賑わっていました。
この八重桜街道に尽力したのは桜の名所づくりアドバイザーであり桜守で龍江在住の森田和市先生。
森田先生をはじめ地元の住民皆で名所作りに携わり、守り続ける姿、気持ちはずーっと引き継いでいきたいです。

四月半ばにはライトアップがされ、今田平のグラウンドではNPO法人七和の会の皆さんがビールや焼き鳥、おでんを振舞ったり、とても多くの見物客で賑わいを見せていました。
 
普段は散歩をしたり、自転車をしたり、マレットゴルフ、野球、ラグビーをする人たちが集う今田平。小さな子供からお年寄りまで皆が楽しく過ごせる場所があるって幸せなことです。

2017-08-17T14:47:04+00:002017年5月3日 水曜日|