親子ふれあいの日

//親子ふれあいの日

親子ふれあいの日

龍江では5/14に各分館で親子ふれあいの日というイベントが開催されました。
4分館では昨年に引き続き当地の郷土食「五平餅作り」をしました。

他の分館がいちご狩りなどを楽しむ中、4分館は地元の食べ物を子供達に伝えようと
いうことで、食べる機会はあっても、なかなか作る機会がない五平餅作りをしました。
これは公民館行事の一つで、公民館役員が企画、運営をしますが、メインは子供達。
お父さん、お母さんと一緒に五平餅の型に潰したご飯をつめ、串をさします。
それを役員がU字溝で作った特製の炭火でふっくら焼き上げました。この炭も当地の里山から切り出した良質なコナラ材から出来ています。

焼きあがった五平餅は役員のお母さんたち秘伝の味噌を塗ってもらい、美味しい五平餅をいただきました。
自分たちで作った五平餅はとっても美味しかったようで、子供達のみならず親も役員も終始笑顔です。
美味しい五平餅のあとは、これまた恒例のビンゴ大会とじゃんけん大会で素敵な景品までゲットして、とても楽しい一日になったようです。

なんでも買えば手に入る便利な時代ですが、こうやって郷土に伝わる食文化を通じて、小さな子供からおじいちゃん、おばあちゃんまでたくさんの人たちが集える機会って重要な気がします。
役員はとっても大変ですが、自分を育ててくれたこの地域で、自分の子供達に伝えていくっていいことだなって思いました。また、お嫁に来たり、お婿に来たり、移住して来たり、いろんな方が当地の文化に触れることができ、思い思いに楽しむことができるこういうイベントを開催できたこと本当に有意義だったと感じます。

2017-08-17T14:52:56+00:002017年5月15日 月曜日|