99年前の思いを伝える

//99年前の思いを伝える

99年前の思いを伝える

龍江4区には七和公園があります。
本日は早朝から区民による公園の草刈り作業がありました。

七和公園ってどこにあるの?っていう声も龍江の住民からも聞こえてきそうなのでまずは場所から。
 尾林、宮沢地区から竜東中学校に向かう途中の小高い山の上に七和公園はあります。

入り口には三つも案内看板があるので一目でわかりますね。
「農村総合整備モデル事業 農村公園施設整備」の看板とカラー看板があります。

小道の両側には桜の木があり、そこを歩いて行くと七和の公園の歴史という看板も。

そもそもなんで七和なの?っていうところから記されています。
七つの村が明治8年に今田村と合併し、龍江村の四区になったそうです。 
 この七つの村の人々が温かい心を育てる所として、この公園を作ることになったそうです。そして、今から99年前に当地の地主の方々が尊い土地を寄付してくださり、全区民が建設に尽力したとのこと。そして、五年の歳月をかけて大正12年に完成したそうです。
造園当時は宮沢分教場の小運動会や青年会で野菜づくりなどをしていたんだそう。
 
道の先に広がる緑の広場。

公園内にはこのあたりでは大きい?長い?滑り台もあります。

滑り台の上段にも小さな平地があり、東屋からは風越山が望めます

小さな子供が遊ぶには十分な広さです。

99年前にここに公園を作ろうと考え、尽力した先人のことを思ってここを歩くとなんだか感慨深い気がします。
今に生きる我々はこれからさらに100年この公園を守り後世に伝えていきたいですね。
 
ぜひ足を運んでみては!

2017-08-17T15:30:15+00:002017年5月28日 日曜日|