天竜峡大橋が開通して早半月。

皆さんは天竜峡大橋そらさんぽを歩いてみましたか?

龍江から天竜峡大橋へ行く最短ルートはご存知紅葉橋。

龍江と千代・千栄を繋ぐ赤い橋、龍江かるたでも詠まれていますよね。

天竜峡大橋がかかる数年前にこの紅葉橋の下に新たな吊り橋がかけられいたのはご存知でしょうか。

そして、天竜峡大橋の開通に併せて新たにかけられた木製橋も。

な、な、なんと、天竜峡大橋の陰で龍江に2つの橋がかけられていたのです。

 

まずは行ってみよう

千代インターの手前、千栄の下村地区を通って、天竜峡大橋方面へ。

天竜峡大橋から繋がる遊歩道。その先に入り口の案内看板が。

下村地区の皆さんが植生した桜並木を抜けると目の前には天竜峡大橋、そして天竜川の雄大な景色が広がっています。

手前には飯田線の鉄橋も。

このすごい標高差の砂利の坂道を下っていきます。

坂道を下りきると見える天竜峡大橋と飯田線。

二つの橋が同時に見える絶景スポットですね。

ちょうど一ヶ月前、開通目前の姿です。

一ヶ月でずいぶん景色が変わりました。

このちょうど180°反対側に続く遊歩道の先に見えてくるのが、、龍江と千代を繋ぐ新しい吊り橋です。

3年ほど前にはかけらていましたので、天竜峡大橋の開通を今か今かと待ちわびていたのでしょう。

この吊り橋からも天竜峡大橋と飯田線が見えます。

次の橋へ行ってみよう

橋を渡り、天竜川沿いの山道を歩いて進みます。

大平沢に沿って山道を上がっていくと、木製の橋が現れます。

え?橋台らしきコンクリートが隣にありますが・・・

開通直前の様子。

1ヶ月前まで木製の橋はまだかかっていませんでした。

大平沢川の上流の様子。

この橋を渡り、坂を登っていくと、ペンションひだまり、天竜峡農園近くの道へ出ます。

その先はつつじ橋ですね。

ということで、天竜峡大橋からつつじ橋へぐるっと回る遊歩道が全線開通したようです。

 

ところでこの吊り橋と木製橋、名前はなんていうんだろう?

龍江HP運営委員会のメンバーで「天竜峡大橋の下にあるし、ちっちゃいし、天竜峡小橋でしょ」「紅葉橋の下にあるから、紅葉小橋でしょ」と色々考えました。

橋の至る所をくまなく探すも名前を記したものはなく・・・

探して探してやっと見つけました。

こんな近くにあったのか・・・

なんというひねりもセンスもない名前・・・

そのまんまの名前じゃないか。。。単純明快すぎる。

この短期間に3つもの橋がかかった天竜峡、つつじ橋もリニューアルし、たくさんの人たちの繋がりがより一層深まるといいですね。

 

天竜峡の雄大な景色、ぜひ龍江側から眺めてみては。