12月21日から22日にかけて、

東京都渋谷区にあるアートギャラリー道玄坂にて今田人形浄瑠璃展in渋谷が開催されました。

このイベントは、今田人形の存在を多くの方に知ってもらうため、今田人形の歴史や活動紹介の展示や今田人形座員による人形浄瑠璃の解説や実演などが行われる体験型のイベントです。

当日の様子を紹介します!↓↓↓

◯展示の様子

↑ 頭もひとつひとつ表情が違います。

↑ 横顔がとても綺麗です(*´꒳`*)

室内は人形の歴史や活動の紹介、関連書籍の展示

↑ 大宮八幡宮秋季例祭の写真

↑ 今田人形浄瑠璃に関する資料

主に古文書が展示されていました

↑ 今回第5回の開催のため、今までのポスターの展示もありました。

↑ 展示用の三味線

実際に触ることができます!

(その様子は後述にて紹介☆)

 

◯公演の様子

↑ 開会のあいさつをされる今田人形保存会長の吉澤健さん

 

↑ 当日各種解説や実演をされた今田人形座の座員のみなさん

 

↓ 三味線の解説

実際に音を鳴らしながらの解説をしていただきました。

猫の皮を使って作られた三味線は、とても高級だそうです、、、

興味のある方は是非調べてみてください!

 

↓ 続いて、太夫と三味線による素浄瑠璃の実演

両日1回目公演は「傾城阿波鳴門 順礼歌の段」、2回目公演は「伽羅先代萩 正岡忠義の段」

1回目

2回目

 

↓ 人形の解説

まずは頭の解説から。

頭ができるまでの工程の話や、仕掛けについて詳しく解説をしていただきました。

↑ 実際に人形を遣っての解説。

主遣いは舞台下駄を履き、人形の頭や右手を担当

左遣いは左手を、足遣いは両足を担当します。

女の人形と男と人形の違いも説明がありました!

みなさんも写真をみて見比べてみてください☆

 

◯人形芝居の実演

↑ 「三番叟」を実際に上演

最前列のお客さんとの距離はわずか20cm!至近距離で見ることは中々ないため、観ていたお客さんからは歓声が上がっていました。

 

◯最後に体験

公演終了後、来場されたお客さんも人形を触ることのできる体験が行われました。

↑ 座員の皆さんが丁寧に教えてくれます。

↑ 頭の仕掛けを体験中。

↑ 展示用の三味線も実際に触ることができます!とても難しいそう、、、

 

 

今年も多くのお客さんに来場いただき、大盛況で幕を閉じました!

龍江の伝統である今田人形について多くの方に知っていただくことができ、とても貴重な時間でした!

 

ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!

 

記述:今田人形保存会 事務局