令和2年度の龍江新聞部が新たな部員で動き始めました。
旧部員5人と新部員6人(+未確定1人)の合計12人です。
4月2日(木)19:00から最初の会議が行われ、自己紹介や新たなメンバーに龍江新聞の作り方などが伝えられました。

令和2年度 龍江新聞部 第一回会議 資料写真

第一回会議資料と龍江の年間計画表

令和2年度 龍江新聞部 第一回会議 写真①

先輩部員が新メンバーに割り付け作業を指導しています。

令和2年度 龍江新聞部 第一回会議 写真②

割り付け作業は龍江新聞独自の「コツ」や「テクニック」があり、だんだんに慣れていくしかなさそうです。

令和2年度 龍江新聞部 第一回会議 写真③

龍江新聞は、裏表の2面構成で、それぞれ各月担当者が割り付けを行います。

 

ここで、龍江新聞の歴史を少しだけ紹介します。

龍江新聞の歴史は長く、創刊号の「龍江の新聞」が最初に発行されたのは、かれこれ70年以上前の昭和24年(1949年)。

毎月発行で、すでに第845号(2020年4月号)に至ります。

龍江新聞縮刷版

龍江新聞縮刷版 第1巻(左)創刊号~第350号/第2巻(右)第351号~第600号

龍江新聞創刊号

龍江(の)新聞創刊号1面

当時は写真は無く、文字や表だけで構成されていました。

龍江新聞創刊号2面と3面

龍江新聞創刊号2面と3面(当時は4面構成)

龍江新聞300号記念紙面

龍江新聞300号記念紙面(昭和49年11月発行)