龍江ホームページ運営委員会の活動の一つインスタグラムで龍江の写真を発信。

そのインスタグラムで南信州地域振興局主催の「飯田線フォトコンテスト」に写真を応募したところ・・・

なんと!南信州地域の魅力が伝わる作品として「南信州賞」を受賞しました。

飯田線フォトコンテスト入賞作品が決定しました!(南信州地域振興局)リンク

 

受賞した写真がこちら。

 

 

飯田線に乗りたくなる、沿線に訪れたくなるような写真をテーマとして募集された今回のコンテスト。

龍江には飯田線の線路は通っていないけれど、新しく開通した天竜峡大橋と秘境飯田線を展望できるビュースポットをたくさんの人に見てもらいたいと撮影をしました。

審査委員長コメント
開通したばかりの天龍峡大橋とその下を通る飯田線のコラボレーションが良いですね。
新しいものと従来のものを掛け合わせる事で新しい価値観が生まれます。その事を映像で表現しているような気がします。

まさにその通り!とても嬉しいコメントをしていただきました。

このビュースポットを取材した時の様子は以前ブログをチェックしてみて。

気になる南信州賞は・・・

南信州を代表する食品1万円相当!

コロナの影響で表彰式はなくなってしまいましたが、盛り沢山な商品が届きました。

「南信州賞」なんていうステキな賞をいただいた上に、こんなにたくさん南信州の特産品がをいただき我々龍江ホームページ運営委員会は感無量です。

受賞したからには南信州を代表する特産品を紹介しなくては。

そこで今回は大きな段ボールにぎっしり詰め込められた賞品を一挙公開。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは松川町にある「さんさんファーム」のジャム。

「さんさんファーム」では黒豚を飼ってソーセージを作り、その堆肥でリンゴやナシなどの果物を育てる有畜複合農業を行っています。

「さんさんファーム」https://sunsunfarm2.sakura.ne.jp/

左から南アルプスが一望できる空気の澄んだ阿智村にある「あちの里」のスパイシー風ケチャップ。

「あちの里」では昼と夜の寒暖の差(10度以上)に育まれた野菜や果実を使い、消費者の皆様に生産者と製造者の顔が見える商品作りをモットーに契約栽培によるトマトを加工しています。

「あちの里」http://achinosato.com/wordpress/

真ん中は信州味噌の「マルマン」の辛みそ。

信州味噌・業務用味噌・味噌漬け・りんご酢などの製造販売をしています。

「マルマン」http://maruman-miso.jp/

右が南信州の味噌・漬物蔵元の「丸昌稲垣」の信州飯田のねぎだれ。

南アルプスと中央アルプスに挟まれる南信州から美味しいお味噌、お漬物に甘酒をお届けしています。

「丸昌稲垣」http://www.marusyow.co.jp/

泰阜村柚餅子生産組合の「柿巻き」。

市田柿で柚餅子を包み込むという大胆な発想から生まれた「柿巻きゆべし」です。

泰阜村柚餅子生産組合https://www.oishii-shinshu.net/shop/shimoina/yasuoka/17331.html

続いて天龍村のお茶とゆずの専門店「ゆずすけ」のお茶と紅茶、柚子うどん、ゆず果汁、柚子胡椒。

地元の素材を使った こだわりの「あらびきゆず胡椒」や「信州若蒸し茶」などを製造・販売しています。

「ゆずすけ」https://yuzusuke.co.jp/

続いては、泰阜村の「ゆず姫」の柚子ゼリーチョコタルト。

泰阜村特産の柚子を使って住民が村内で手作りをしています。

「ゆず姫」https://yuzuhime.wixsite.com/home

 

最後は阿智村の「信州比叡 廣拯院」の御朱印とお守りです。

現在、お怪我で療養中の龍江自治振興センター長の早期回復をお祈りして

先日お渡しさせていただきました。(写真は撮り忘れました・・・)

「信州比叡 廣拯院」http://shinanohiei.com/

 

コロナ禍で出歩くことができませんが、南信州の美味しい食べ物を食べて、地元の企業や生産者を応援しましょう。

 

 

龍江HP運営委員会のインスタグラム:https://www.instagram.com/tatue.jp/

龍江のステキなところを日々発信しています。フォロワー募集中です。