4/10からシャルルヴィルメジェール通りこと八重桜街道で毎年恒例のライトアップが始まりました。

例年より桜の開花が早い今年、龍江の八重桜はこれからが見頃です。

桜街道には17種189本の桜が植えられています。

小公園含めると24種205本です。

その桜の開花状況、生育状況を15年間毎年観察し、記録している方が御庵の清水正明さんです。

手にバインダーを持ち、毎日散歩をしながら一本一本生育状況を観察し、それを記入しています。

見せていただいた昨年の観察記録。

令和3年分は過去の記録から予測した表を作成し、当日に予測が当たっているか観るのを楽しみながら散歩をしているんだそうです。

桜についての知識も豊富な清水さん。

清水さんの作成された表には年度による開花時期のずれ、品種による開花の順番と開花期間の違いなど、色々な角度で分析、考察することができます。

18年~20年頃は、開花から散り終わるまでの期間が随分と短いのですが、これは植栽されてからの期間が短く樹の成育が若かった為で、成育と共に開花から散るまでの期間が長くなり、花を楽しめる期間も長くなっている事がおわかり頂けると思います

貴重な記録資料をご提供いただきましたので、PDFで公開します。

色々な見方をされ、新しい発見があると楽しいですね。

(※H21年・22年のデータは破損により欠)

平成31年開花状況

平成30年開花状況

平成29年開花状況

平成28年開花状況

平成27年開花状況

平成26年開花状況

平成25年開花状況

平成24年開花状況

平成23年開花状況

平成20年開花状況

平成19年開花状況

平成18年開花状況

清水正明さんご提供「桜並木と千丈岳」

清水正明さんご提供「普賢象」

清水正明さんご提供「緑色の御衣黄」

桜並木愛護会の皆さんはじめ、たくさんの方の想いや尽力により守られている桜街道をぜひ散策してみてください。